サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛法綱要:四聖諦、六波羅蜜、四弘誓願講記(二版)
著者 釋聖嚴 (著)=Shih, Sheng-yen (au.)
二版
出版年月日2021.07.12
ページ144
出版者財團法人法鼓山文教基金會-法鼓文化   
出版地新北市, 臺灣 [New Taipei City, Taiwan]
シリーズ現代經典
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録  《佛法綱要》是修行成佛的根本。
  若能在日常生活中,如實觀照、如實行履、如實發願,終能斷煩惱、解脫而成佛。

  面對無量法門,該如何擇定修行的起點呢?

  《佛法綱要》可說是八萬四千法門的總綱,涵括四聖諦、六波羅蜜與〈四弘誓願〉,是修行的入門起點,也是成佛的圓滿終點。聖嚴法師在本書中做了詳盡的叮囑與解說。

  「四聖諦」即苦、集、滅、道四種真實的道理,是大、小乘共同的根基。雖是初學者的入門必修,卻是久學者最後才能證悟者。

  「六波羅蜜」即布施、持戒、忍辱、精進、禪定、般若等六種超越生死的修行方法,可以讓人從煩惱的娑婆世界,度脫至永無痛苦的涅槃。

  〈四弘誓願〉是四個成佛的基本條件,佛弟子精進修學的指標,諸佛皆依此發願成佛。

  掌握佛法綱要,修行道路將如佛陀親自帶路般清楚無礙。

  「聖嚴師父的講記,有幾個特色:說法非常契合現代人的情境,經常以人們心中習以為常的煩惱為出發點,直探人內心深處矛盾的問題所在;或以入世心時刻叮嚀讀者,佛法應貼近日常生活,務必考量到對自己、家人和環境的關心是否足夠。

  在明白易懂的解說中,不失深度。廣引專業而有深度的經論,做為詮釋佛法的依據。這對已經有佛法基礎的讀者而言,可以有所依循,藉以一窺佛教義理嚴密體系之堂奧,並掌握重點。」 ——越建東教授導讀
目次編者序
導讀:廣演佛綱幽微,頓曉眾生長迷——越建東

壹、四聖諦講記

前言
佛法的基礎
為何說是「四聖諦」?
聖諦是什麼?
四聖諦的經論依據
四聖諦是世間和出世間的兩類因果
四聖諦的內容
一、苦諦的內容
二、集諦的內容
三、滅諦的內容
四、道諦的內容
結論
一、四聖諦與十二因緣的關係
二、四聖諦與三法印的關係

貳、六波羅蜜講記

什麼叫作波羅蜜?
布施波羅蜜
一、經典中談布施
二、有相布施、無相布施
三、三種布施
持戒波羅蜜
一、聲聞戒
二、菩薩戒
忍辱波羅蜜
一、三種忍
二、經典中談忍辱
三、菩薩四法
精進波羅蜜
一、精進與發願
二、三種精進
三、六種精進
四、經典中談精進
禪定波羅蜜
一、四類禪
二、四禪天
三、四種禪定
四、四種禪定特相
五、四空處定
六、三等至
七、三三摩地
八、禪定與七加行位
般若波羅蜜
結論

參、〈四弘誓願〉講記

前言
眾生無邊誓願度
一、修學佛法廣度有緣
二、借光又發光,普照一切
煩惱無盡誓願斷
一、向下心的煩惱
二、修行佛法過程中的煩惱
三、以願心為指標
法門無量誓願學
一、盡未來際皆勤學
二、辨別正法與邪法
三、無漏正法是目標
佛道無上誓願成
一、正道是不違背因果
二、正道有內外層次
ISBN9789575989187 (平裝)
ヒット数5
作成日2021.08.17
更新日期2021.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
621493

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ