サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
宗教在當代中國:共產黨統治下的存續與復興
著者 楊鳳崗 (著)
初版
出版年月日2021.05
ページ226
出版者政大出版社
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類書籍=Book
言語中文=Chinese
抄録此書為宗教在當代中國的狀況和變化提供了一個解釋框架和鳥瞰圖景。作者採納政治經濟學的進路,在大量事實描述的基礎上,建構起宗教的「三色市場」、「短缺經濟」和「寡頭壟斷」等一套理論,為全面理解當代社會的宗教現象提供了理論工具,引起西方和中國學術界的高度重視。此書已被翻譯成韓文、義大利文出版,並將翻譯成俄文出版。
目次
中文譯本自序
原書前言
原書致謝

第一章 解釋宗教的生命力
範式的轉變
宗教需求、供給和管制
宗教經濟的政治本質

第二章 為社會科學研究宗教而對宗教的一個定義
社會科學中對宗教的定義
宗教的定義與分類

第三章 中國馬克思主義無神論及其政策意涵
無神論的多種形態
馬克思主義理論學者的「新鴉片戰爭」
「宗教是文化」
戰鬥的無神論堅持己見與學術界的抵制
結論

第四章 共產黨體制下的宗教管制
1949-1957年:整合收編與控制
1957-1966年:社會主義改造
1966-1979年:鏟除
1979-2010年:加強管制
實施控制的部門
結論

第五章 中國宗教的三色市場
定義與命題
紅市
黑市
灰市
三色市場的動態

第六章 共產黨統治下的宗教短缺經濟
宗教短缺經濟裡的需求動態模式
根除宗教的舉措失敗了
抑制需求
強制的替代
其它替代品
靈性覺醒
尋道者比比皆是
供應長期短缺
調節供需平衡
結論

第七章 宗教寡頭壟斷動力學:中國及以外
其他社會的三色宗教市場理論
四種政教關係類型
多元主義,多元性,以及多元化
偶然發生和故意為之的多元主義
寡頭壟斷宗教的動態
結論

附錄 宗教市場理論在中國的來龍去脈

參考文獻
ISBN9789869954495 (精裝)
ヒット数2
作成日2021.08.17
更新日期2021.08.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
621496

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ