サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
僧肇佛學的生態思想意蘊=The Ecological Thought Implied in Monk Seng Zhao’s Buddhology
著者 陳紅兵 (著)=Chen, Hong-bing (au.) ; 馮俊岐 (著)=Feng, Jun-qi (au.)
掲載誌 五臺山研究=Mt Wutai Researches
巻号n.2 (總號=n.147)
出版年月日2021
ページ51 - 59
出版者五臺山硏究會
出版地山西, 中國 [Shanxi, China]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:山東理工大學法學院
キーワード僧肇佛學; 生態思想; 價值觀; 世界觀; 認識論
抄録僧肇佛學吸收、融合傳統儒家「崇德廣業」的價值觀念,闡發「觸事而真」「即物順通」的解脫觀,有利於佛教今天關注及解決現實生態環境問題;僧肇佛學緣起論對於探討生態環境危機的根源及解決方式具有積極意義;而僧肇佛學吸收融合傳統道家「道物」關係論、「天地與我同根,萬物與我為一」的整體論世界觀,有助於形成生態整體論世界觀;僧肇《般若無知論》對於批判反思對象性、實體性思維,消解人類中心主義觀念,調整人與環境萬物實踐關係等,則具有深刻啟迪意義。
目次一、僧肇佛學價值觀的生態意蘊 51
(一)「大心入佛道」的價值追求 51
(二)「觸事而真」「即物順通」的解脫趣向 52
(三)《肇論》對事物現象存在價值的肯定 53
二、僧肇佛學世界觀的生態意蘊 54
(一)僧肇佛學中的緣起論 54
(二)僧肇佛學的整體觀 55
三、僧肇佛學認識論的生態意蘊 57
(一)般若「不知之照」 57
(二)一體性「應會之道」 58
ISSN10006176 (P)
ヒット数2
作成日2021.08.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
621977

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ