サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
「三好運動」之倡導 與「政治和尚」之解疑
著者 陳劍鍠 (著)=Chen, Chien-huang (au.)
掲載誌 人間佛教學報.藝文=Humanistic buddhism journal, arts, and culture
巻号n.36
出版年月日2021.11.16
ページ10 - 45
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為香港中文大學人間佛教研究中心主任
キーワード星雲大師; 印光大師; 道安法師; 三好; 政治和尚
抄録星雲大師於1998 年正式公開倡導「三好運動」,邀請時任副總統連戰先生共同推動。本文主要說明兩個主要問題:一是「三好運動」的倡導及其影響,其中論及近代最早提出「三好」的印光大師,其所述「三好」的內涵大抵配合念佛法門,希望信眾依此而增上,積累往生資。再者,闡述星雲大師對於「三好」的再詮釋與創新。「三好運動」在台灣社會已人人耳熟能詳,還在世界五大洲推展。「三好運動」從自身的修鍊,進而達到社會、國家的安定,引領我們邁向清淨的國土。二是推動「三好運動」與政治關係解疑,其中論及邀請國家掌權者而引發的相關問題,無須諱言,即牽涉到「政治和尚」這種汙名化的問題。由「政治和尚」問題,反溯中國早期道安法師所言「不依國主,則法事難立」的重新解讀,間中以智顗大師、宗密大師、太虛大師等人的例子作出說明,並重新檢討「政治和尚」此詞的內涵,解疑星雲大師是「政治和尚」的說法。
目次一、前言 11
二、提出「三好」與再詮釋的創新 12
(一)近代印光最早提出「三好」 12
(二)對「三好」的再詮釋與創新 14
三、推動三好運動與政治關係解疑 21
(一)藉政府領導層推動「三好」 21
(二)對「不依國主」的重新解讀 23
(三)對「政治和尚」的再次檢討 27
(四)星雲大師「政治和尚」解疑 33
四、結語 41
ISSN24147478 (P)
ヒット数12
作成日2021.11.19
更新日期2021.11.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
627865

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ