サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
續法《楞嚴經勢至念佛圓通章疏鈔》判釋「稱名念佛」 的義理辨析
著者 陳劍鍠 (著)=Chen, Jian-huang (au.)
掲載誌 華嚴專宗國際學術研討會論文集(第8屆)
出版年月日2019.10
ページ303 - 318
出版者華嚴專宗學院
出版サイト https://www.huayencollege.org/index.php
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:香港中文大學人間佛教研究中心 主任
キーワード續法; 《楞嚴經勢至念佛圓通章》; 稱名念佛; 華嚴五教判
抄録《楞嚴經勢至念佛圓通章》在清代初期的行策法師(1628-1682)便極為關注,並且將之做為弘傳彌陀淨土法門的重要經典。後來被譽為清代華嚴宗的中興教主續法法師(1641-1728)則系統性地撰寫《楞嚴經勢至念佛圓通章疏鈔》,此是歷來注疏《楞嚴經勢至念佛圓通章》最為詳盡的著作,其重要性在於以華嚴思想詮釋彌陀念佛法門,尤其以華嚴思想貫攝持名念佛要義,並以華嚴五教判來判攝念佛法門通於「終、頓、圓」三教。續法標舉「稱名念佛」,運用澄觀所開立的五種念佛門,再次開出以「稱名念佛」為核心的五門:一、持念佛名門,二、攝名歸心門,三、心名雙融門,四、心名俱絕門,五、圓通無盡門,表明「念佛一法,攝盡一切法矣。」他以華嚴的圓教思想,主張念佛法門攝盡佛教一切法門,這對於明清代華嚴念佛思想的復興,以及當時淨土法門的衰落,補以一劑強心藥,既可藉華嚴思想深化淨土法門,亦可藉淨土法門弘傳華嚴思想,二者相得益彰。
目次一、前言 304
二、續法標舉稱名念佛 305
三、華嚴思想的五種念佛門 309
四、結論 317
ヒット数2
作成日2021.12.02
更新日期2022.01.20



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628842

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ