サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
日本中世の歴史意識:三国・末法・日本
著者 市川浩史 (著)
出版年月日2005.01.10
ページ221
出版者法藏館
出版サイト https://pub.hozokan.co.jp/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類書籍=Book
言語日文=Japanese
抄録明恵・日蓮・覚憲・虎関師練など中世思想家の歴史意識を探り、大転換した中世の国家観を解明する。
目次Ⅰ「三国」論と『三国伝灯記』
 一「内なる三国」の思想―日本中世における三国世界観に関する問題の所在と方法
 二『三国伝灯記』の伝来
Ⅱ「三国」の時間と空間
 はじめに
 一 覚憲の「宗」意識と三国
 二 明恵の皮膚感覚
 三 捨てられた国・日本と日蓮
 四 凝然の「内なる三国」
 五 虎関師練と大乗純熟の国・日本
 おわりに
Ⅲ 末法の歴史意識
 一 成尋の旅
 二 花山院と顕信の出家
 三 「末法」から
 四 日蓮の「日本国」観
初出一覧
あとがき
ISBN9784831874641
関連書評
  1. 市川浩史著『日本中世の歴史意識 三国・末法・日本』 / 下間一頼 (著)=Shimotsuma, Kazuyori (au.)
ヒット数1
作成日2021.12.29



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
631544

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ