網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 
Bookmark and Share


加值服務
書目管理
書目匯出
中国宋代禅林高僧墨蹟の研究
作者 胡建明 (著)
出版日期2007.11
頁次416
出版者春秋社=shunjusha
出版者網址 http://www.shunjusha.co.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
關鍵詞書道
摘要中国禅宗高僧の墨跡は、その大部分が日本に遺されているが、これまでの墨跡への言及といえば、禅研究者や書道家など、ある特定分野の専門家による一方的で断片的なものに過ぎなかった。しかし本書は、その墨跡を、内容(宗教・歴史)、意義(文化・文学・民族)、芸術性(書道・茶道)など、多角的に研究した書である。これは仏教、書道、茶道、多方面に通ずる著者だからこそなしえた大作である。

目次第1章 北宋中、末期(一〇六三?一一二七)の禅宗高僧墨蹟について(参寥道潜の墨蹟「与淑通教授道友」;圜悟克勤禅師の墨蹟に関する考察)
第2章 南宋初期(一一二七?一一八九)の禅宗高僧墨蹟について(大慧宗杲禅師の諸墨蹟に関して;密庵咸傑禅師の墨蹟 ほか)
第3章 南宋中、末期(一一八九?一二七九)の禅宗高僧墨蹟について(天童如浄禅師の墨蹟:無準師範禅師の墨蹟 ほか)
第4章 宋代禅宗高僧墨蹟の特徴と風格(宋代禅宗高僧墨蹟の伝来について;宋代禅宗高僧墨蹟と宋代書法との淵源について ほか)
第5章 宋代禅宗墨蹟が日本文化史上に与えた影響とその位置づけ(禅宗墨蹟の流れとその系譜;宋代禅宗墨蹟における日本禅宗と茶道の位置づけ ほか)
ISBN9784393177068
點閱次數348
建檔日期2008.01.03
更新日期2021.12.17










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
153630

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽