網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 
Bookmark and Share


加值服務
書目管理
書目匯出
雲門 -- 建て前と本音のはざまに生きる
作者 永井政之 ; 田中良昭 ; 石井修道 ; 椎名宏雄
出版日期2008.05
頁次282
出版者臨川書店=Rinsen Book Co.
出版者網址 http://www.rinsen.com/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
附註項出自「唐代の禅僧」第11卷。永井政之(ながい・まさし),駒澤大学教授。
摘要名は文偃。雪峰義存の法嗣。南方の雲門山(広東省)を道場に南漢王の帰依を受け、生涯ここで禅風を鼓舞した唐末五代の禅界を代表する巨匠。雲門宗の宗祖であり、その門下は北宋代の天下を席巻する。雲門の禅風は機峰の鋭い精妙孤高とされ、一代の語録『雲門広録』三巻の中に見ることができる。雲門の教示や機関としては「一字関」「日々これ好日」「花薬欄」「修行の三病」等が名高い。

[要旨]
「日日是好日(にちにちこれこうにち)」の真意とは ─公案集『碧巌録』に多くその言動が収録され、今でも身近なところにその言葉が残る、雲門文偃。唐末から五代という動乱の時代に、政治権力と緊密な関係を保ちつつ、多くの弟子を育て、特に北宗の時代に禅界を席巻した雲門宗の派祖、雲門の実像に迫る。

目次
第1章 雲門文偃の伝記
    雲門の伝記資料/文偃とその時代/雲門文偃のミイラとその後の雲門山
第2章 雲門の禅
    『祖堂集』と『禅林僧宝伝』にみる雲門の禅/『雲門広録』成立への道
雪竇・圜悟がとらえた雲門像と『雲門広録』/『雲門広録』にあらわれた雲門の禅/
雲門の禅 -私見-
第3章 雲門宗の人々
    雲門禅の後継者たち/薦福承古 -亡き雲門に嗣承香を焚く/雪竇重顕 -雲門宗中興の祖-
    仏印了元と蘇東坡/円照宗本 -相国寺慧林禅院初代住持/長蘆宗賾 -『禅苑清規』と民衆教化
    慈受懐深 -真っ当ゆえの異端-

ISBN9784653040019
資料來源
點閱次數516
建檔日期2010.07.07
更新日期2010.07.07










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
370752

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽