網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 
Bookmark and Share


加值服務
書目管理
書目匯出
溈山 -- 溈仰の教えとは何か
作者 尾崎正善 ; 田中良昭 ; 石井修道=Ishii, Shudo ; 椎名宏雄
出版日期2007.09
頁次260
出版者臨川書店=Rinsen Book Co.
出版者網址 http://www.rinsen.com/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料類型書籍=Book
使用語言日文=Japanese
附註項出自「唐代の禅僧」第5卷。尾﨑正善(おざき・しょうぜん):仏教文化研究所研究員・非常勤講師
摘要名は霊祐。百丈の法嗣であり、これまた秘境の大山(湖南省)を根城に名声をはせた禅哲。弟子の仰山と共に仰宗の祖。円相などの特徴ある禅風を示すこの宗派は宋代に跡を絶つが、新羅や高麗に受け継がれた。山には観察史相国裴休も参禅し、また「山水牛」の機縁は特に有名。語録一巻のほか『山警策』の作品は、初めて漢訳された経典とされる『四十二章経』、釈尊最後の説法『仏遺教経』と共に「仏祖三経」の一つとされてきた珠玉の一篇である。

[提要]
父子関係に譬えられる弟子仰山と共に、中国禅宗の「五家」のうち最も早い成立の「溈仰宗(いぎょうしゅう)」の祖たる溈山。作務を重視し自らを「水牯牛」と称した溈山は、一方で臨済宗を評し、洞山の参学を指示した逸話が残る。道元は著作にその行実を多く引用するなど、後世の評価と影響は大きい。生涯と弟子への接示にみる禅風等を初めて1冊にまとめる。

目次
第1章 溈山霊祐の生涯
    五家七宗と溈山の生きた時代/溈山の修行時代/大悟から溈山入山/破仏から示寂まで
第2章 直弟子への接化
    禅問答と語録/直弟子との問答/仰山慧寂/香厳智閑/霊雲志勤
第3章 参学者への教えと作務における説示
    溈山に参じた禅者達/作務における問答/弟子達への説示
第4章 溈仰が影響を与えた禅者
    溈仰が影響を与えた禅者/洞山・雲巌・道吾への説示/臨済への著語と予言/石室に合掌す
第5章 溈山の弟子達
    溈山の弟子達と後世への影響/仰山慧寂/仰山の弟子達/香厳智閑/霊雲志勤/径山洪?/福州
大安
第6章 『溈山警策』と『溈山語録』
    『溈山警策』と『溈山語録』-禅籍開板/『溈山警策』/『溈山語録』
ISBN9784653039952
資料來源
點閱次數692
建檔日期2010.07.07
更新日期2010.07.08










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
370758

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽