網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 
Bookmark and Share


加值服務
書目管理
書目匯出
室生、長谷、大神神社の神仏習合の源流=The Origin of a Mixture of Buddhism and Shintoism in Muro, Hase and Miwa
作者 八田幸雄 ; 大正大学真言学智山研究室
出處題名 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
卷期v.40 (總號=n.54)
出版日期1991.03.31
頁次53 - 67
出版者智山勧學會
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
摘要大神神社の神仏習合の問題を考える場合、その隣接する長谷寺、更には東方の室生寺も併せて考察していかなければならない。いうまでもなく長谷寺は中世、三輪流神道の教義がうちたてられ、神道灌頂が行われ、神仏一体の信仰の中にあった寺である。
室生寺は三輪流神道の創始者といわれる慶円上人(一一四〇〜一二二三)の伝承によると、三輪明神に灌頂の印明を授けたことは互為灌頂に示されているが、この灌頂の印明は入幡大菩薩より授けられた理智不二の印明であり、それは胎蔵、金剛の世界の究極の真髄を印・明という形で示されたものであり、これは三輪明神に授けられたものであるとともに、室生山の善女竜王にも授けられたものであると伝えられている。ここに室生、長谷、三輪は共通の信仰の地盤があることが推測される。
目次一、室生寺 53
二、長谷寺 55
三、大神神社 56
四、互為灌頂の伝承 57
五、薬師考 58
六、少彦名、大己貴の薬師との習合 62
七、天武天皇の御願 64
八、神仏習合の源流となる聖地 65
ISSN02865661 (P)
點閱次數28
建檔日期2016.09.02
更新日期2018.07.19










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
568242

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽