網站導覽關於本館諮詢委員會聯絡我們書目提供版權聲明引用本站捐款贊助回首頁
書目佛學著者站內
檢索系統全文專區數位佛典語言教學佛學博物館相關連結
 
Bookmark and Share


加值服務
書目管理
書目匯出
近世における庶民の仏教信仰=Japanese Religious Mind in KUYOU Ritual
作者 小室裕充 (著)=Komuro, Yuju (au.) ; 大正大学真言学智山研究室
出處題名 智山学報=チザン ガクホウ=Journal of Chizan Studies=智山學報=Chizan Gakuho
卷期v.40 (總號=n.54)
出版日期1991.03.31
頁次199 - 209
出版者智山勧學會
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料類型期刊論文=Journal Article
使用語言日文=Japanese
摘要近世における仏教信仰は、寺院型の仏教信仰ではなくて、庶民型の仏教信仰であった。
出家老指導型でなく、篤信在家の先達による仏教信仰であった。そのことは真言系についてみると大師信仰の大師講(送り大師遍路)であり、観音信仰による観音講(三十三カ所巡拝)などの講組織であった。
庶民の仏教信仰は出家型ではなく、庶民奉仕の大師伝説型の信仰であった。出家者の仏教解釈ではなくて、庶民による大師教学であり、真言教学であった。それは封建制社会の体制内のものであるが、人間らしく生きていく教えであり、平等思想的な教えであった。真言の尊さは誰もが救われると説かれていたことだと受けとめていた。寺院法度などの仏教統制のなかで、寺院型仏教信仰は差別戒名をつけるような教学であった。そんな伝統教学に絶望し、二宮尊徳の生き方に教えられ、新しい出家者のあり方を求めた真言僧もおられた。
ISSN02865661 (P)
點閱次數34
建檔日期2016.09.01
更新日期2018.07.19










建議您使用 Chrome, Firefox, Safari(Mac) 瀏覽器能獲得較好的檢索效果,IE不支援本檢索系統。

提示訊息

您即將離開本網站,連結到,此資料庫或電子期刊所提供之全文資源,當遇有網域限制或需付費下載情形時,將可能無法呈現。

修正書目錯誤

請直接於下方表格內刪改修正,填寫完正確資訊後,點擊下方送出鍵即可。
(您的指正將交管理者處理並儘快更正)

序號
568249

查詢歷史
檢索欄位代碼說明
檢索策略瀏覽