サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
般若學與玄學的交匯及選擇 -- 以《維摩詰經》為核心=On the Intersection and Choice of Prajna School and Hsuan-Hsueh
著者 施穗鈺 (著)=Shi, Suei-yu (au.)
掲載誌 成大宗教與文化學報=Journal of Religion and Culture of National Cheng Kung University
巻号n.2
出版年月日2002.12
ページ255 - 275
出版者國立成功大學中國文學系宗教與文化研究室
出版サイト http://zhncku.med.ncku.edu.tw/buddhism/list.php
出版地臺南市, 臺灣 [Tainan shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード維摩詰經=Vimalakirti Sutra; 般若=Prajna; 玄學=Hsuan-Hsueh; 默然無言=wordless; 得意忘言=beyondwords
抄録以重要性而言,《維摩詰經》是大乘佛經中少數以居士身分說法而能稱之為「經」的佛典,也是少數能真正融入中國文化的佛典之一。以思想內容而言,此《經》是在《般若經》系統的基礎上發展而來,因而具有以否定思維型態來論證「空」的特色。本文論述了《維摩詰經》的主要經義及其傳譯情形,目的在說明:當兩晉時期的知識階層,選擇以「空」與「無」作為佛學與玄學的對話機制之時,《維摩詰經》也以其義理性格受到相同的注目。這種做法試圖為深植人心的維摩居士形象,提供一個學理根據的說明。

Among the many Mahayana scriptures, “Vimalakirti Sutra” is the only one that
records the preach of the secular devotee, and is one of the few scriptures included into Chinese culture. Basing upon “Prajna Sutra”, “Vimalakirti Sutra” has the character of demonstrating “sunya” with the methodology of negation. Discussing the main idea and the dissemination of “Vimalakirti Sutra”, this paper is to prove that its character was as important as “sunya” and nothingness during the East and West Tsin Dynasty.
目次一、前言 257
二、《般若》佛典與《維摩詰經》的傳譯 259
三、《維摩詰經》的義理架構 265
四、結語 275
ISSN18136400 (P); 18136400 (E)
ヒット数1264
作成日2005.11.25
更新日期2017.08.16



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
128639

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ