サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《維摩詰經‧入不二法門品》論析 -- 以水平詮釋架構為論述依據=Discussion on “Vimalakirtinirdesa-Sutra.Commentary on Non-duality Dharma Door”: Using the Structure of Horizontal Interpretation as the Basis for Discourse
著者 許宗興 (著)=Hsu, Chung-hsing (au.)
掲載誌 成大宗教與文化學報=Journal of Religion and Culture of National Cheng Kung University
巻号n.8
出版年月日2007.08
ページ43 - 66
出版者國立成功大學中國文學系宗教與文化研究室
出版サイト http://zhncku.med.ncku.edu.tw/buddhism/list.php
出版地臺南市, 臺灣 [Tainan shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード維摩詰經=Wei Mo Chieh Scriptures; 不二法門=Non-duality Dharma door; 不二=The One; 佛性=Buddha Nature=Buddha-dhatu=Buddha-gotra=Buddhahood; 三階論=Three Approaches to Enlightenment; Three
抄録本論文旨在透過「水平詮釋架構」,以論析《維摩詰經‧入不二法門品》,分五單元論述:
壹、前言:說明寫作旨趣及所依資料。
貳、「入不二法門」初釋:說明「二」、「不二」、「入」、「法門」、「入不二法門」 等字詞意涵,以為進入主題預作準備。
參、本品科判:分本品為「序」、「主文」、「結語」三大段;「主文」又析為三小段。使義理顯豁清晰,方便詮釋說明。
肆、三十三位菩薩述「入不二法門」論析:此為本文重心,探討眾菩薩所謂「二法」,及由「二法」歸「不二」之原理與訣竅。又依眾菩薩傳達方式不同,分三組論述:一「前三十一位菩薩」,次「文殊菩薩」,末「維摩詰居士」。
伍、結論:綜述全文。

The purpose of this study is to discuss the “Vimalakirtinirdesa-Sutra ‧
Commentary on Non-duality Dharma Door” through the structure of horizontal
interpretation. The paper is divided into five chapters.
Chapter 1: Introduction, to introduce the research motive and related literatures.
Chapter 2: Preliminary interpretation on “Non-duality Dharma door”, to explain
the meanings of “duality”, “non-duality”, “In”, “Dharma door”, and “Non-duality Dharma Door”, as preparing for the main topic.
Chapter 3: Organization of the theme, which comprises three sections,
“Introduction”, “Main Content”, and “Summary”; of which “Main Content”
comprises three subsection, in order to expound the doctrines clearly.
Chapter 4: Discussion on “Non-duality Dharma Door” stated by 33 Bodhisattvas,
which is the core of this paper, and discusses the “duality” referred by Bodhisattvas, and the principles and secrets of moving from “”duality” to “non-duality”. Based on the different expressions of the Bodhisattvas, the discussion is made into three section: “first 31 Bodhisattvas”, “Manjusri”, and “Vimalakirtinirdesa”.
Chapter 5: Conclusion, to conclude the paper.
目次壹、前言 45
一、「不二」在全經及義理學上地位 45
二、本文研究旨趣 45
三、所依據資料 46
貳、「入不二法門」初釋 49
一、「二」 50
二、「不二」 51
三、「入」 51
四、「法門」 52
五、「入不二法門」 52
參、本品科判 53
肆、三十三位菩薩述「入不二法門」解析 54
一、緒論 54
二、前三十一位菩薩「入不二法門」論析 57
三、文殊菩薩「入不二法門」論析 61
四、維摩詰居士「入不二法門」論析 64
伍、結論 65
ISSN18136400 (P); 18136400 (E)
ヒット数1380
作成日2009.11.09
更新日期2017.08.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
215051

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ