サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
二程先生「闢佛說」合議=Ch'eng I and Ch'eng Hao's Repudiation of Buddhism
著者 張永雋 (撰)=Chang, Jun-chun (compose)
掲載誌 國立臺灣大學哲學論評=National Taiwan University Philosophical Review
巻号n.5
出版年月日1982.01
ページ203 - 251
出版者國立臺灣大學哲學系=NTU Philosophy Department
出版サイト http://review.philo.ntu.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード佛老; 佛性; 絕對唯心論; 萬物一體; 跡上求; Absolute Idealism; Tautology; Paradoxy
抄録中國「闢佛」在宋代前已有一段相當長的歷史. 宋初諸儒雖也有「闢佛」之論,但皆不出前人窠臼,要到仁宗以後理學家才在哲學理論上形成規模. 在北宋諸以程明道成就最大,而伊川則有輔翼之功. 本文據《二程全書上》,朱熹《近思錄》,態賜履《學統》之資料,舉其重要論點分為九目合議. 前七目分從本體論,宇宙論,人性論,認識論上辨正儒佛的異同,並從根本的價值觀念說明宗教與道德的差別. 後二目是伊川對佛教的態度,即「跡上求」和「遠佛」. 雖二程極力「闢佛」,但弟子「入佛」者也大有人在. 所以於弟子中又分「入佛」,「闢佛」二類,加以分紹.
目次一. 序言
二. 中國「闢佛」之歷史源流
三. 二程「闢佛」說合議
四. 二程弟子之「入佛」與「闢佛」
五. 結論
ISSN10158995 (P)
ヒット数1005
作成日2000.10.11
更新日期2019.10.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262493

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ