サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
蘊處界三概念之分析研究=An Analytic Study on Three Concepts of "Skandha", "Ayatana" and "Dhatu"
著者 張瑞良 (著)=Chang, Jui-liang (au.)
掲載誌 國立臺灣大學哲學論評=National Taiwan University Philosophical Review
巻号n.8
出版年月日1985.01
ページ107 - 122
出版者國立臺灣大學哲學系=NTU Philosophy Department
出版サイト http://review.philo.ntu.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード五蘊; 十二處; 十八界; 五陰; 五眾; 十二入; 六根; 六境
抄録In the Philosophy of Buddhism,the three concepts of "Skandha","Ayatana" and "Dhatu" are the
fundamental and important concepts.

The contents are:

The five skandhas (aggregates) include form (matter),perception,conception (idea),volition
(will) and conciousness.
The twelve ayatana include six sense organs and six sense objects.
The eighteen dhatus include six sense organs, six sense objects and six senses.
I explained,discussed and illustrated these concepts.
Finally,I attained conclusion,that is to say,"Skandha","Ayatana" and "Dhatu" are no substance
(anatma),no duration (anitya) and no bliss (duhkha) except Nirvana.
目次引言
一. 蘊,處,界是什麼?
二. 蘊,處,界各論
三. 總結
ISSN10158995 (P)
ヒット数1246
作成日2000.10.11
更新日期2017.08.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262498

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ