サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
道信與神秀之禪法的比較 -- 兼論惠能所批評之看心, 看淨的禪法=Shen Hsiu's and Tao Hsin's Way of Zen:A Comparison
著者 楊惠南 =楊惠男
掲載誌 國立臺灣大學哲學論評=National Taiwan University Philosophical Review
巻号n.11
出版年月日1988.01
ページ205 - 225
出版者國立臺灣大學哲學系=NTU Philosophy Department
出版サイト http://review.philo.ntu.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード道信; 神秀; 禪宗=Zen Buddhism=Zazen Buddhism; 惠能; 看心; 看淨; 一行三昧; 六祖壇經=The Sixth Patriarch's Sutra
抄録According to the tradition of the Zen Buddhistic school,the sudden method of Hui Neng follows the
orthodox teachings of Hung Jen and Tao Hsin,while the gradual method of Shen Hsiu is a heresy. The
present paper,based on a comparative study of Shen Hsiu's and Tao Hsin's way of Zen,shows that the
method of "looking at mind,looking at purity" critized by Hui Neng,is espoused not only by Shen
Hsiu but also by Tao Hsin.

Both Tao Hsin and Shen Hsiu adhere to the Zen of the Lankavatara Sutra advocated by the earlier Zen
masters from Bodhidharma on,but in Hui Neng and the later masters, we find that many ideas derived from
the Diamond Sutra are introduced into the way of Zen. This is the reason why Hui Neng takes exception
to Tao Hsin's and Shen Hsiu's "Lankavatara Zen". Therefore,the distinction between "orthodoxy" and
"heresy" in Zen school is not merely a matter of who holds fast to the original teachings of Bodhidharma,
there are other factors to be considered.
目次一. 序論
二. 慧能批判了什麼禪法
三. 神秀之禪法的特色
四. 神秀與道信之禪法的比較
五. 結論
ISSN10158995 (P)
ヒット数1226
作成日2000.10.11
更新日期2017.08.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262505

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ