サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
大乘起信論的心性論=The Nature of Mind in the Awakening of Mahayana Faith
著者 釋恆清 =Shih, Heng-ching
掲載誌 國立臺灣大學哲學論評=National Taiwan University Philosophical Review
巻号n.12
出版年月日1989.01
ページ233 - 255
出版者國立臺灣大學哲學系=NTU Philosophy Department
出版サイト http://review.philo.ntu.edu.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード大乘起信論=Mahayana; 心性論; 眾生心; 心真如門; 如來藏說=Tathagata-garbha; 心=Mind; 生滅門; 辯護神論; 真常系; 唯識=Yogacara; 釋恆清=釋恒清=Shih, Heng-ching; 輪迴=轉世=Reincarnation=Rebirth=Samsara; Avidya; Sunyata
抄録This paper attempts to make a critical analysis of the nature of mind in the Awakening of Mahayana Faith, a text belonging to the corpus of Tathagatagarbha literature. The first section examines the two aspects of
the One Mind:the Gate of Suchness and the Gate of Samsara. The important point that the One Mind theory makes is that the purity,or suchness of the mind inherently exists, while the elements of impurity,or samsara in the mind are adventitious. The second section deals with the theoretical difficulties arising from the theory of One Mind. First,is the inherently pure mind a form of monism? Second,since the One Mind is originally
pure,where does evil come from? The doctrine of sunyata can be employed to solve the first problem, while the theory of avidya is used to explain away
the second problem. Syncretizing the theory of human nature in Yogacara and Tathagatagarbha traditions, the Awakening of Mahayana Faith, based on the existence of innate pure mind,establishes the foundation of Buddhahood.

目次一. 前言
二. 眾生心 -- 生滅與涅盤依
三. 生滅諸識生起的因緣
四. 心識染淨互薰論:人性善惡之消長
結論
ISSN10158995 (P)
ヒット数1081
作成日2000.10.11
更新日期2018.03.09



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262508

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ