サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
東晉慧遠法師《法性論》義學的還原=A Reconstruction of the Doctrines of Hui-yuan's "Treatisc on the Dharma-Nature" (Fa-hsing lun)
著者 賴鵬舉 (著)=Lai, Peng-chu (au.)
掲載誌 東方宗教研究=Studies in Oriental Religions
巻号n.新3
出版年月日1993.10
ページ31 - 55
出版者國立藝術學院傳統藝術研究中心
出版地臺北縣, 臺灣 [Taipei hsien, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
キーワード慧遠; 法性論; 僧肇; 念佛三昧; 中國佛教義學
抄録Of the works of the "six schools", the foundation of indigenous Chinese Buddhist exegesis, the "Treatise on the Dharma-Nature" is the only one to have been personally addressed Kumarajiva. This article focuses on doctrinal issues in an attempt to reconstruct the general tenor of the treatise. As a part of this project, the author analyzes the ways in which the closely related concepts of the "invariability of the Dharma-Nature" (fa-hsing pu pien) and the "perfection with the appropriate" (chin tang yu chi) were at once maintained and altered by the great Central Asian exponent of prajna, Kumarajiva. The author also examines the relationship between this treatise and Tao-sheng's discussion of Nirvana and "permanent abiding"(ch'ang- chu) in an attempt to further our understanding of this central thread in the development of the Chinese Buddhist exegetical tradition.
ISSN10139605 (P)
ヒット数1024
作成日1998.07.22
更新日期2017.09.06



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
262568

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ