サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
人菩薩行的理論與實踐
著者 呂勝強
掲載誌 「人間佛教.薪火相傳」學術研討會論文集
出版年月日2000
出版者台灣哲學會網上研討會
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート另載於《正覺之音》2000年12月
キーワード人菩薩行; 緣起正見; 無生法忍菩薩; 菩薩道=菩薩行=The Bodhisattva Path=The Bodhisatta Path; 人間佛教=入世佛教=Humanistic Buddhism=Engaged Buddhism
抄録為闡揚印順導師所提倡的「人間佛教」之「人菩薩行」,並證成人菩薩行之如理性及可修(實踐)性,本文依據印順導師之著作及相關經論,透過教、理、行、果之次第,並援引導師「三重因緣」之原理加以分析。尤對圓滿修學「學佛三要」的人菩薩行,之完整「菩薩道」(一、凡夫菩薩二、賢聖菩薩三、佛菩薩)進程中,如何能具永不失望的信心,與不可沮壞的智慧力,長保「人」身長在「人間」,其是否與「緣起正見」相應,加以探討。此外,對印順導師所主張的,從人而學習菩薩行,由菩薩行修學圓滿而成佛,這個「古代佛教所本有的」的「人菩薩行」,提供更多古代經論及法理之證據。再則,「無生法忍菩薩」因悲願深切「忍而不證」,有部分學人質疑他們的忍,而不證是否有「欲令如是、不欲令如是」,違背緣起之我見我欲,本文特別立論予以澄清。

目次
一、引言
二、人間佛教——佛在人間成佛,其施教對象也以人類為當機
(一)諸佛世尊,皆出人間
(二)佛陀施教以人類為當機
三、人菩薩行(菩薩道)的教理基礎
(一)釋尊為菩薩道之活水源頭
(二)菩薩道之開展
四、人菩薩行的實踐與緣起正見
(一)「凡夫菩薩」行三心十善業乃人菩薩之因行
(二)二道五菩提與緣起正見
(三)波羅蜜多行與緣起正見
(四)初期大乘人菩薩行在緣起上的現(務)實性
五、無生法忍菩薩「忍而不證」——積極入世悲智相應的菩薩道精神
(一)無生法忍的意義?
(二)從原始聖典之經證找尋無生法忍菩薩的典範
(三)久遠菩薩道中如何能長保人身長在人間——「忍」不墮惡趣
(四)忍是無間道,是知而不是證
(五)「不修深禪定,不斷盡煩惱」與四波羅蜜
六、人間菩薩的典範
七、結語
ヒット数683
作成日2004.05.07
更新日期2014.04.25



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
358247

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ