サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
塵世的付出,來世的福報 -- 台灣社會中的宗教捐獻現象
著者 劉怡寧 ; 瞿海源
掲載誌 「宗教與社會變遷 -- 第三期第五次台灣社會變遷基本調查之研究分析」研討會論文集
出版年月日2001.02.23-24
出版者中央研究院社會學研究所
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード布施=宗教捐獻=寺廟募款=Donation=Dana; 佛教信眾; 宗教信仰=Religious Belief; 台灣佛教=Taiwanese Buddhism; 功德=福報=福田=Virtue=Merit
抄録一個以物質付出來成就精神信念的“宗教捐獻”行為,長久以來,就一直是個普見於日常生活中的具體實踐。在東方傳統思想中,素有佈施金錢給僧侶、寺廟,將能累積福德的價值觀;且寺廟常提供各種未明確定價收費的神聖性服務,在隨喜功德的價值觀下,付出金錢的多寡,端視信徒內心如何估算奉獻與回報間的關係。相對的,西方社會在中世紀時,由教會出售贖罪券,允諾信徒來世的解救,為教會累積了大筆的俗世財富;而16世紀基督教新教改革的喀爾文教派一支,提出賺錢榮耀上帝的主張,為其後資本主義的發展,埋下理念上的伏筆;且基督教至今仍維持11奉獻的制度,除象徵對上帝的虔敬外,也具以維繫教徒和教區間的關係。故從歷史上的宗教發展經驗觀之,可發現在諸宗教的教義及理念中,並不認為世俗的金錢和神聖的宗教情懷間,存在著無法跨越的鴻溝,也不會單純地將金錢簡化為罪惡之象徵;相反的,反倒將金錢的世俗性格,做了神聖性的轉化,使信徒得以藉金錢奉獻的行為,確證自己的宗教虔信度,化解了神聖領域和世俗領域,所可能隱含的矛盾衝突處。

目次
一、「宗教捐獻」行為的現實意義
二、相關宗教捐獻研究的回顧與前瞻
三、資料來源與研究策略
四、研究發現
1.宗教捐獻行為的變遷趨勢(1994-1999)
2.誰在捐款?影響捐款與否的邏輯迴歸分析
3.誰捐得多?影響捐款多寡的多元線性迴歸分析
4.為什麼捐?影響捐款原因的邏輯迴歸分析
五、結論及討論
ヒット数865
作成日2004.05.21
更新日期2014.03.31



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
359170

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ