サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
試從教義演變上看傳統佛教與現代佛教的人文關懷
著者 蕭登福
掲載誌 2003年全國關懷論文研討會
出版年月日2003.09.24
ページ7 - 23
出版者輔英科技大學人文與社會學院
出版地高雄縣, 臺灣 [Kaohsiung hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード現代佛教
抄録傳統佛教歷經小乘、大乘、密教等三階段,每階段的教義、儀軌、修行法門各異,對人文的關懷方式及程度也各不同。三階段看來是逐漸俗化,但也是逐漸人性化,然而仍脫離不了出世的範疇。到了民國以後,由於西朝東漸,時代巨變,佛教徒本身深感不作變革,無以圖存,於是太虛法師發起佛教革命運動,遊組織、財產、教理等方面著手來改革佛教,雖然引起了新舊兩派的相攻,但也使佛教重現生機,使佛教由出世而能漸兼及入世。
ヒット数309
作成日2005.03.25
更新日期2015.10.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
369598

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ