サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
對方東美論印度哲學及大般涅槃經的方法論反思
著者 杜保瑞 (著)=Du, Bao-ray (au.)
掲載誌 「元代以來漢蒙的歷史與文化」學術研討會
出版年月日2011.10.27 - 28
出版者臺 大文學院佛學研究中心
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード方東美; 大乘佛學; 三論宗; 唯識宗; 大乘起信論
抄録方東美在當代中國哲學家中是最高舉佛學的一位,他對佛教哲學的詮釋意見與所使用的術語工具是非常具有推進中國哲學研究的貢獻的。筆者近期已針對方先生的大乘佛學詮釋撰寫多篇論文,企圖系統化地展示及反省方東美先生的大乘佛學研究成果,本文將針對方東美先生對於印度哲學及《大涅槃經》的詮釋意見進行方法論的反思,企圖指出,方先生對於追求無常變化的早期佛教,認為在理論發展的終極階段,最後還是走回了古印度哲學的永恆哲學系統內,而這正是由《大涅槃經》的「常樂我淨」宗旨所代表的。方先生這樣的認定,正是積極正面地定位了大涅槃經的理論意義及歷史意義,一方面確定它正是佛教思想發展的最終歸去之路,二方面也肯定了它在中國的大乘佛學發展史上的經典地位。總之,方先生以華嚴經與華嚴宗為佛教哲學發展的終極理想型,三論、唯識、起信論、大涅槃經等可以說都是為朝向這個終極圓滿型的努力過程,方先生有他獨特的問題意識,以及解決問題所使用的工具,作為當代中國哲學的一個型態,方先生的佛學意見值得討論。
目次一、前言
二、方東美對印度哲學的看法
三、方東美對《大般涅槃經》的看法
四、結論
ヒット数251
作成日2014.09.01
更新日期2015.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
397295

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ