サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
方東美對華嚴宗詮釋的方法論反省
著者 杜保瑞 (著)=Du, Bao-ray (au.)
掲載誌 「儒道佛三家的哲學論辯」國際學術研討會
出版年月日2011.11.12 - 13
出版者臺灣大學哲系
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
抄録方東美先生是當代中國哲學家中最為親近佛教立場的一位,他的佛學討論有兩個前提,其一為哲學的進路,其二為佛教的立場。前者說明他的學術背景以及討論模型,並非在歷史細節以及文獻考據上處理,而是追究哲學基本問題的解決之道。方先生視印度佛學到中國大乘佛學為一異質跳躍的發展,但很獨特地,又幾乎把印度大乘佛學的經論直接視為中國佛教的資產,而只以原始佛教、小乘佛學為印度的傳承,其餘大乘經典及中國大乘宗派就幾乎都視為是中土佛學的創作,而歸功於華人僧學大眾。筆者對方東美先生的佛學研究之討論,已有多篇論文發表,其中已觸及他的中國化大乘佛學的詮釋立場,以及超越西方二元分立思想的佛學建構,還有他對三論、唯識、起信論、大涅槃經和印度哲學的討論意見,本文的討論,則將進入他對華嚴經與華嚴宗思想的定位。討論的要點在於說明他的問題意識以及方法論架構,並將之置於當代中國哲學方法論研究的視野與進路上探究之,目的在藉由方先生的佛學研究而深化佛學理論的意旨,並藉由他的方法論架構而發掘更為優良的處理中國哲學的方法論架構。
目次一、 前言
二、 對華嚴宗初祖杜順禪師的定位
三、 對華嚴宗哲學與科學關係的定位
四、 佛法身的哲學意涵
五、 佛身放光的哲學意涵
六、 從唯識學發展到華嚴經哲學的哲學意涵
七、 菩薩的迴向與救渡的哲學意義
八、 華嚴經與華嚴宗的哲學功能與理論特點
九、 從大涅槃經論華嚴經與華嚴宗的哲學功能與理論義涵
十、 華嚴宗法界緣起的理論意義
十一、華嚴宗華嚴三昧的理論意義
十二、結論
ヒット数278
作成日2014.08.18
更新日期2015.07.07



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
397296

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ