サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教教育的次第與目的:從僧俗身分的區分與宗教職能的定位談起
著者 呂凱文 (著)=Lu, Kai-wen (au.)
掲載誌 「宗教教育與宗教研究研討會」研討會
出版年月日2004.12.03-04
出版者內政部、南華大學宗教學研究所
出版地嘉義縣, 臺灣 [Chia-i hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード佛教教育; 僧伽; 居士; 阿含; 初期佛教
抄録儘管原始聖典記載的佛陀教導以出家僧眾為主要對象,但是佛世時代的在家信眾亦有重要地位,對於在家信眾的教導亦散見於聖典各處,值得萃取與析論。由於兩者在「宗教目的」與「職能分工」存在著差異,佛陀對兩者教導的方向與重點亦不同。關於佛陀教育的討論與研究,宜重視兩面向的平衡發展,不僅要釐清彼此的分際性,亦應澄清彼此的連續性。這除了能避免兩眾彼此宗教職能分工的混淆,而產生宗教目的的「錯焦」問題外,更能明晰地定位與闡釋佛教從「世間」(世俗)到「出世間」(神聖)連續與向度。在上述思考下,本文藉晚近學者主張的「居士佛教主導論」議題,檢討各家論點的源由與利弊得失,再以南北傳初期佛教聖典作為解釋與建議的根據,反思僧俗關係的合理定位,以及佛教僧信二眾的教育問題。
目次一、僧俗二眾之宗教教育問題
二、僧俗二眾之宗教教育重點與分際釐清的重要性
三、僧俗二眾在宗教身份職能的定位與區分上的難 題
四、從僧俗身份的定位看佛教教育的次第與目的
五、結論:「重視」人類歷史的佛陀之教導
ヒット数277
作成日2014.08.26
更新日期2015.11.13



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
397520

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ