サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《大般涅槃經》音切的比較研究 ── 以敦煌 P.2172 與《可洪音義》為中心
著者 廖湘美
掲載誌 《漢傳佛教研究的過去現在未來》會議論文集
出版年月日2015.04
ページ115 - 138
出版者佛光大學佛教研究中心
出版サイト http://cbs.fguweb.fgu.edu.tw/front/bin/home.phtml
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中央大學中國文學系助理教授
キーワード唐五代西北方音; 直音; 敦煌寫本; P.2172; 可洪音義
抄録 現藏「法國國家圖書館」的敦煌寫本 P.2172〈大般涅槃經音〉,除了寫本文獻的研究價值外,其音切也反映出唐五代西北方音的特色,實為研究中古漢語系統的重要材料。
P.2172內容以音切為主,並大量使用直音法,本文為突顯其特殊性,與約同時期的《可洪音義》進行比較,以求得不同於刻本的語言訊息。經過比勘與判讀條目用字後,發現 P.2172 反映了元韻與仙韻B字混用、濁音清化、-n 與 - 相涉、入聲與陰陽相涉、異調相涉等外,還有殘留唇音類隔及與經師取音不同的現象。
目次中文摘要 115
一、緒論 116
二、文本的內容與撰作時代 118
三、音切的比較 120
(一)同音 120
1. 注音法相同 120
2. 注音法相異 122
(二)異音 124
1. 聲母不同 124
2. 韻母不同 125
3. 聲韻皆異 127
4. 聲調不同 127
四、其他語音現象 128
(一)類隔反切 128
(二)與通行音不同 129
(三)取音不同 131
五、結 語 132
引用書目 133
(一)古籍 133
(二)近人論著 133
【附錄】P.2172〈大般涅槃經音〉的原卷圖片 135
表格註釋 136

ISBN9789579583886 (平)
ヒット数304
作成日2016.05.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551566

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ