サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
天台智顗所制請觀世音懺法的懺義詮解及其人間實踐意涵
著者 黃國清
掲載誌 《漢傳佛教研究的過去現在未來》會議論文集
出版年月日2015.04
ページ231 - 257
出版者佛光大學佛教研究中心
出版サイト http://cbs.fguweb.fgu.edu.tw/front/bin/home.phtml
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:南華大學宗教學所副教授
キーワード智顗; 請觀世音懺法; 懺悔; 戒定慧; 中道佛性
抄録《請觀世音經》教導禮請佛菩薩儀法,持念觀世音聖號與陀羅尼神咒,除滅罪障以消災解厄,及進修禪定、觀照實相而獲取三乘果證,是南北朝具影響力的觀音經典。智顗依此經所述滅障與空觀方法加以充實,建構事懺與理懺兼備的完整儀法,不同根機的修懺者均得獲利,淺則除病消災,深則發定悟理。智顗所制行法非視懺悔為止觀前方便,而將戒定慧三學都用作淨治罪障方法,徹底廓清惑障而開顯中道佛性。請觀世音懺法有其特質:首先,以觀世音菩薩為救度主尊,與此土佛教行者有種親切連繫,行者祈求菩薩加被,同時以菩薩為修學典範。其次,特重繫念數息,提高召請與誦念成效,並助益禪定經驗。再者,智顗的詮解將陀羅尼視為實相真理的載體,經由行者專意念誦而釋出消災除厄與袪除惑障的多重力用。最後,是自力與他力共構的懺悔禪觀行法,不偏於全然祈求的依賴心理,也緩解自力薄弱的艱難處境,持守中和之道。今日經懺法會盛行,卻普遍失落真誠悔過精神,遑論策進佛法體驗,須要進行反思與批判,重新正視懺悔法門的實踐價值。了解請觀世音懺法的修學內涵或有助於導正經懺法會的流弊,及提供一條進趣真理智慧的樂速通行之道。
目次中文摘要 231
一、引言 232
二、《請觀世音經》的禮請滅障法門 236
三、智顗所制請觀世音懺法的義理解析 241
四、請觀世音懺法的人間實踐價值 249
五、結論 254
引用書目 256
(一)佛教典籍和古籍 256
(二)論文和專書 257
ISBN9789579583886 (平)
ヒット数394
作成日2016.05.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551583

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ