サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
The Practice of Huayan Buddhism
著者 Fox, Alan
掲載誌 《漢傳佛教研究的過去現在未來》會議論文集
出版年月日2015.04
ページ259 - 286
出版者佛光大學佛教研究中心
出版サイト http://cbs.fguweb.fgu.edu.tw/front/bin/home.phtml
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語英文=English
ノート作者單位:Professor, Department of Philosophy, University of Delaware
キーワードHuayan; Dharmadhatu; pratityasamutpada; interpenetration; meditation; emptiness
抄録It has been said by scholars that Huayan Buddhism is the philosophy behind Chan Buddhism and Chan Buddhism is the practice of Huayan. This is expressed in the slogan: “Tiantai and Huayan for theory and Chan for practice.” But my thesis is that Chan has its own textuality and Huayan has its own praxis. For this paper, I plan to explore the practice of Huayan Buddhism, which involves a meditation culminating in an interperspectival vision. This vision is articulated in the seminal “Huayan Fajie Guanmen” 華嚴法界觀門 (Meditative Perspectives on the Huayan Dharmadhatu) and its commentaries, which introduce and elaborate on the concept of the 四法界 sifajie “Fourfold Dharmadhatu.” This concept is articulated as a meditational framework, rather than a metaphysical theory, and is linked to other forms of Chinese thought, notably Daoism.
目次Abstract 259
Bibliography 285
ISBN9789579583886 (平)
ヒット数545
作成日2016.05.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551587

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ