サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛教與儒家和道教在孝道觀問題上的諍論
著者 釋廣興
掲載誌 《漢傳佛教研究的過去現在未來》會議論文集
出版年月日2015.04
ページ389 - 409
出版者佛光大學佛教研究中心
出版サイト http://cbs.fguweb.fgu.edu.tw/front/bin/home.phtml
出版地宜蘭縣, 臺灣 [I-lan hsien, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:香港大學佛學研究中心副教授
本論文的英文版已經在Journal of Chinese Philosophy, Vol. 37 (2) 248-260上發表。
キーワード孝道; 理惑論; 夷夏論; 盂蘭盆經疏; 孝論
抄録當佛教初傳入中國的時候,佛教就面對中國文化、尤其是儒家文化的挑戰。儒家學者對佛教的批評主要是從倫理道德的角度展開的,因為佛教主張從個人道德修養開始,最後達到煩惱的解脫,這與儒家主張的以家庭社會為主的教導不同的。特別是佛教主張僧人要獨身、剃髮、離家而出家修行,這與儒家的孝道相違背。儒家的《孝經》講道:「身體髮膚,受之父母,不敢毀傷,孝之始。」這些都在成書於公元二世紀的《牟子理惑論》中有記載。第一個階段的反駁是從後漢的牟子到五世紀的慧遠,批評佛教的人士所提出的問題基本上是一樣的,但是佛教學者的回答則有進一步的提升。從討論沙門是否跪拜王者,後來到了南北朝(420-577) 時期,就進入了〈夷夏論〉的討論,這是第二個階段。第三個階段是唐宋時期的反駁。
目次一、前言 390
二、第一個階段 391
三、第二個階段 398
四、第三個階段 404
五、結語 407
引用書目 408
( 一 ) 文獻古籍 408
( 二 ) 專書與論文 408
ISBN9789579583886 (平)
ヒット数430
作成日2016.05.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
551636

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ