サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
人間佛教與大學生命教育 -- 以南華大學三好友善校園推動品德教育為例之論析
著者 尤惠貞
掲載誌 2016「人間佛教與生命教育」國際學術研討會
出版年月日2016.05.21
出版地嘉義, 臺灣 [Chia-i, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート主辦單位:佛光山人間佛教研究院、南華大學人間佛教研究與推廣中心、南華大學生命教育研究中心
キーワード人間佛教; 三好運動; 正念靜坐; 品德教育; 生命教育
抄録世界各地,從小學以至於成人的社會,有許多的生命存在都出現情緒、心靈的失調或障礙,並因此而引發自我傷害或傷害他人的悲慘世界;因此,如何適切地對應,進而尋求可能的解決之道,乃成為吾人無法避免而必須面對的重要課題。作為教育一環的大專院校,除了提供專業知識的學習環境,對於青年的生命成長亦扮演很重要的引導與教化的角色。因應此等問題,本文採取社會現象觀察與哲學省思的進路,探究各級學校乃至社會中所發生之問題的可能因素,進而以佛光山星雲大師人間佛教所推動的三好友善校園為主軸,具體論西南華大學推行生命教育之經驗,乃是藉由道德的自然涵養與正念靜坐的身心調適等所推行之生命教育,希冀每一個體存在皆能在善良的過程中自然發展的生命教育。南華大學三好友善校園所重視與推行的正念與品德涵養,可視為人間佛教落實於大學的生命教育,因為「做好事、說好話、存好心」三好品德的涵養與實踐過程,本身竟是人間佛教重視身、口、意之如理作意的生命教育歷程。
目次一、社會現象觀察與哲學省思
二、人間教育與大學生命教育
三、大學生命教育與品德涵養
四、三好品德涵養的人間佛教生命教育實踐
五、結論
ヒット数225
作成日2016.06.24
更新日期2016.06.24



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
566218

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ