サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
佛光山海外弘傳的文化適應問題
著者 釋妙光
掲載誌 2013星雲大師人間佛教理論實踐研究(下)
出版年月日2013.08
ページ540 - 577
出版者佛光文化事業有限公司
出版サイト http://www.fgs.com.tw/index.php
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
キーワード人間佛教; 佛光山; 文化適應; 融合; 同化
抄録佛教起源於印度,發揚在中國、日本、泰國、斯里蘭卡等亞洲地區。在歷時逾兩千五百年的發展過程中,佛教必須不斷的適應各種文化、種族及風俗民情。做為全世界最大的佛教團體之一,佛光山陸續於全球五大洲兩百多個地區設立道場,並獲得當地人士的肯定。而創辦人星雲大師是如何成功的使人間佛教全球化、本土化及普及化?本文旨在從文化適應的角度來探討佛光山在星雲大師的領導下,促使人間佛教本土化的現況,以及所使用的策略是否適當?面臨的文化衝突又該如何解決等問題。
目次中文摘要 540
Abstract 541
1) Introduction 542
2) The Fo Guang Shan Order and Venerable Master Hsing Yun’s concept of acculturation 544
1.Native-born abbot for native temple 547
2.The legitimacy of paying equal devotion to two religious beliefs 550
3.Additional options are better than lessened choices 552
4.Teach what is new to the locals in their language 554
5.Incorporating the spirit of respect, tolerance, peace and equality 557
3) Strategies of Acculturation 558
4) Resolving Conflicts 568
1.Make yourself at home wherever you go 569
2.Respecting cultural values 569
3.Accepting diversity by consistent engagement in dialogues 570
5) Future Challenges 571
6) Conclusion 571
Bibliography 574
ISBN9789574573677
ヒット数39
作成日2017.11.30
更新日期2018.04.10



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
576072

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ