サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
人間佛教發展過程中的世俗化問題辨析=An Analysis of the Issues of Secularization in the Development of Humanistic Buddhism
著者 唐忠毛 (著)=Tang, Zhong-mao (au.)
掲載誌 2014星雲大師人間佛教理論實踐研究(下)
出版年月日2014.12
ページ770 - 793
出版者佛光文化事業有限公司
出版サイト http://www.fgs.com.tw/index.php
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1. 唐忠毛,華東師範大學宗教與社會研究中心副主任。
キーワード人間佛教; 世俗化; 商業化; 庸俗化
抄録「人間佛教」自太虛首倡,經印順、趙樸初等人的發展,已成為中國佛教的主流思潮及其謀求自身與現代社會相適應的現代化發展路徑;但是,在當下人間佛教的發展過程中,圍繞「世俗化」問題也產生了諸多的爭論與質疑。究其原因,不僅因為「世俗化」一詞本身充滿了歧義,同時也因為不同的論者在使用「世俗化」一詞時基於不同的理論立場和具體語境。有的論者在言及中國佛教「世俗化」時,僅局限於中國佛教自身的漢語歷史語境,而無視現代性理論提供的宏大背景;有的論者則立足於西方宗教社會學的立場,而無視中國佛教與西方宗教形態的差異性;而有的論者則持受世俗化與宗教性兩相對立的立場;凡此種種。因此,澄清「世俗化」一詞的概念史背景與不同言說語境,進而對人間佛教發展過程中有關「世俗化」問題進行辨析、澄清,不僅有助於人間佛教的理論建設,也有益於中國佛教的未來發展。
目次中文摘要 770
一、「世俗化」的概念史背景及其不同語境 772
二、人間佛教的現代性背景與世俗化向度 777
三、人間佛教「世俗化」問題的是是非非及其辨析 782
四、結論 791
參考書目 792
ISBN9789865777760
ヒット数42
作成日2017.12.12
更新日期2018.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
576126

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ