サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
主題演說之二:人間佛教就是佛陀之教 ―― 星雲大師人間佛教理論與實踐的偉大意義
著者 洪修平
掲載誌 2015星雲大師人間佛教理論實踐研究(上)
出版年月日2016.02
ページ46 - 52
出版者佛光文化事業有限公司
出版サイト http://www.fgs.com.tw/index.php
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
抄録人間佛教是當前世界佛教發展的基本趨向,並成為古老的佛教勃發生機的重要源頭活水。當代的人間佛教淵源於唐宋以來中國佛教的人生化、人間化過程之中,而近代以來的人間佛教,則始倡於太虛大師,而由星雲大師和佛光山真正付諸於實踐。星雲大師和佛光山推動的人間佛教實踐,至今已有四、五十年的時間。在繼往開來的重要時刻,總結過去,探討未來,對於人間佛教的推展乃至整個世界佛教的未來發展都具有重要意義。
目次一、人間佛教與佛陀創教的根本情懷 47
二、人間佛教是中國佛教對世界佛教的重要貢獻 48
三、人間佛教,既在人間,又是佛教 49
四、人間佛教應更好地發揮精神文化資源的重要作用 52
ISBN9789869242721
ヒット数33
作成日2017.12.12
更新日期2018.05.15



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
576134

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ