サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
人間佛教兩性平等思想研究=A Study of Thoughts on Gender Equality in Humanistic Buddhism
著者 常紅星 (著)=Chang, Hong-xing (au.)
掲載誌 2017星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2018.05.01
ページ96 - 116
出版者佛光文化事業有限公司
出版サイト http://www.fgs.com.tw/index.php
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1. 常紅星,南京大學博士生。
キーワード人間佛教=Humanistic Buddhism; 兩性平等=gender equality; 台灣=Taiwan R.O.C.; 中國大陸=Mainland China
抄録自太虛大師宣導現代人間佛教以來,男女兩性平等問題逐漸引起佛教界廣泛關注。民國時期太虛大師以及「菩提精舍」女眾都對這一問題作出了積極回應,基本達成了尊重女性人格、維護女性權益、宣導男女地位平等的共識。1949 年之後,在星雲大師、印順導師、聖嚴法師和昭慧法師等人的推動下,台灣地區人間佛教兩性平等思想取得了舉世矚目的成就。上世紀八○年代以後,大陸地區的人間佛教重新煥發生機,人間佛教兩性平等思想亦隨之獲得發展,大陸佛教女眾的整體地位得到顯著提升。

Since the contemporary Humanistic Buddhism advocated by Master Taixu, the issue of gender equality has gradually kindled widespread discussion in the field of Buddhism. During the Republican period, Master Taixu and the female
Buddhists of The Pure Bodhi Vihara have actively expressed their views on gender equality. Eventually, they reached a consensus on respecting a woman character, protecting her rights, and advocating equal status between man and woman. After 1949, under the impetus of Venerable Master Hsing Yun, Master Yin Shun, Master Sheng-yen, Master Zhao-hui, thoughts on gender equality in Taiwan, R.O.C. have made great achievements. After 1980, the rejuvenation of Humanistic Buddhism in Mainland China in turn developed thoughts on gender equality. As a result, the overall status of female Buddhists in Mainland China has remarkably improved.
目次中文摘要 96
一、民國時期人間佛教兩性平等思想 98
二、現當代台灣人間佛教兩性平等思想 102
三、當代中國大陸地區人間佛教兩性平等思想 108
四、結語 112
參考書目 114
ISBN978957457458582
ヒット数29
作成日2018.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
577107

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ