サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
湯用彤佛學研究的問題意識=The Question Consciousness of Tang Yongtong's Study of Buddhism
著者 胡永輝
掲載誌 哲學與文化=Monthly Review of Philosophy and Culture
巻号v.44 n.6
出版年月日2017.06.01
ページ149 - 163
出版者哲學與文化月刊雜誌社
出版サイト http://www.umrpc.fju.edu.tw
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語中文=Chinese
ノート作者為南京大學哲學系宗教學系副教授。
キーワード湯用彤=Tang Yongtong; 佛學研究=The Study of Buddhism; 問題意識=Question Consciousness; 文化走向=Cultural Trend
抄録湯用彤佛學研究的問題意識是追問中國文化的走向。他將漢以後中國佛學的發展看作外來文化與本土文化衝突融合的已有案例來研究。總體上,湯用彤的佛學研究呼應其文化主張,他佛學研究的諸多特點都折射出他反對文化研究的淺與隘、文化研究不應脫離本土語境、關注文化發展的地域性和研究方法的複雜性等文化主張。

Tang Yongtong paid a lot of attention to the future of Chinese culture. Buddhism in China was treated as a case of the cultural interaction by Tang Yongtong. Tang's study of Buddhism was in full accord with his cultural proposition. His study of Buddhism had many cultural Traits which include paying attention to geographic differences, methodology, relationships among Confucianism, Buddhism and Taoism and so on.
目次壹、佛學研究的廣搜精求:反對文化研究的淺隘 149
一、批評當時文化研究的淺隘 149
二、佛學研究的「精」與「廣」 151
貳、立體式的佛學研究:主張文化研究不應脫離本土語境 153
一、關注佛教的中國化歷程:強調外來文化必須適應本土文化 153
二、對佛教史轉折性人物的重點研究:關注文化發展的階段性與轉折性 157
參、注重中國佛學南北差異和研究方法:關注文化發展的地域性和研究方法的複雜性 159
一、對中國佛學南北差異的研究:關注文化發展的地域性 159
二、強調佛學研究方法的特殊性:關注文化研究方法的複雜性 160
肆、結論 161
ISSN10158383 (P); 10158383 (E)
ヒット数21
作成日2019.01.17



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
580812

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ