サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
修持建設社會,戒律構成公德 : 星雲大師的社會修持理論=Cultivation Shapes Society, Discipline Establishes Social Morality: Venerable Master Hsing Yun’s Theory of Social Practice
著者 李向平 =Li, Xiang-ping
掲載誌 2018星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2019.06.28
ページ50 - 63
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/article-info.asp?id=2377
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1.作主為華東師範大學社會發展學院教授
キーワード制度=system; 戒律=discipline; 社會修持=social practice
抄録星雲大師回歸佛陀本懷,重新梳理並且整合了佛陀的超越智慧,運用現代化語言詮釋佛教經典,反思現實社會,提出「發心與發展」以及「自覺與行佛」,作為人間佛教實踐與修行的法門,其核心就是人間佛教的社會修持理論,強調指出「制度就是戒律」,強調戒律之前人人平等,就如社會上「法律之前,人人平等」的道理,應當成為人間佛教社會建設的基本路徑。

Venerable Master Hsing Yun, in returning to the Buddha’s original intents, uses modern language to interpret Buddhist texts to not only clarify but also systematize the transcendental wisdom of the Buddha. With considerations of current society, the Venerable Master proposed “to resolve and to develop” and “Self-awareness and Practicing the Buddha’s Way” which are practical cultivations of Humanistic Buddhism. These teachings of social practices in Humanistic Buddhism indicate systems of discipline. In other words, there is equality before discipline, similar to the laws in society ‒ there is equality before the law. Hence, such are the foundations for establishing a Humanistic Buddhist society.
目次前言 52
一、制度就是戒律 52
二、戒和同修就是「法制上人人平等」 55
三、社會共修的人間佛教戒學 57
四、社會之持修五戒,即是人間自由真義 60

ヒット数32
作成日2019.07.10
更新日期2019.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
585392

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ