サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
「新般若學」視域中的星雲大師人間佛教=Humanistic Buddhism of Venerable Master Hsing Yun from a New Theory of Prajñā Perspective
著者 李廣良 =Lee, Guang-liang
掲載誌 2018星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2019.06.28
ページ104 - 119
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/article-info.asp?id=2377
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者為雲南師範大學哲學與政法學院教授
キーワード人間佛教=Humanistic Buddhism; 般若智慧=profound wisdom (prajñā); 方便善巧=skillful means(upāya-kauśalya)
抄録星雲大師之人間佛教是現代性的佛教,但其根基仍在於傳統佛教。大師深具般若智慧與善巧方便,此乃大師人間佛教之真正基礎。而對此進行理論深化仍須從大乘佛學著手。本文在程恭讓教授論證之基礎上提出「新般若學」,意在以傳統般若學為基礎構建新般若學之體系,並在此新般若學之視域中洞觀大師之人間佛教。但本文只是提出了這一構想,並初步考察了大師之般若思想及其與人間佛教之關係。

Despite its modern character and approach, Venerable Master Hsing Yun’s Humanistic Buddhism is deeply rooted in traditional Buddhism. With profound wisdom (prajñā) and skillful means (upāya-kauśalya) as its cornerstones, it is vital to begin with understanding Mahayana Buddhism in order to deepen the illustration of Humanistic Buddhism as a theory. Referring to Professor Cheng Gongrang’s argument as a premise, this paper proposes a new theory of prajñā ─ a contemporary doctrinal system built on the traditional doctrine of prajñā. Furthermore, it is to understand Venerable Master Hsing Yun’s Humanistic Buddhism from this perspective. This paper presents a preliminary investigation of Venerable Master’s thoughts on prajñā wisdom in relation to Humanistic Buddhism.
ヒット数31
作成日2019.07.10
更新日期2019.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
585395

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ