サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
《金剛經講話》的修持論及其詮釋特點=On Cultivation and Unique Interpretation of Describing the Indescribable: A Discourse on the Diamond Sutra
著者 王若曦 =Wang, Ruoxi
掲載誌 2018星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2019.06.28
ページ120 - 139
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/article-info.asp?id=2377
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者為南京大學哲學系博士生
キーワード金剛經=Diamond Sutra; 修持=cultivation; 詮釋=interpretation
抄録《金剛經》中,發心、修行、降伏其心皆與修持有關。《金剛經講話》說發心,側重於發慈悲心與平等心;說修行,重在無所得與無妄想分別,對治妄想正是降伏妄心。結合《金剛經》的詮釋傳統來分析《金剛經講話》對無相修行的解說,可以顯示出《金剛經講話》有著對不同詮釋傳統的相容並蓄,並轉而開出修行生活面向的詮釋特點。

In the Diamond Sutra, aspiration, cultivation, and subduing the mind are all related to spiritual practices. Describing the Indescribable: A Discourse on the Diamond Sutra states that aspiration actually refers to aspiring to a mind of compassion and equality. It also states that the importance of cultivation lies in the thought that there is nothing to be attained and shall be without deluded conceptualization. In fact, the antidote for delusive conceptualization is to subdue the defiled mind. The interpretation of the Diamond Sutra in conjunction with traditional analysis of Describing the Indescribable: A Discourse on the Diamond Sutra in terms of no-form cultivation, reveals that Describing the Indescribable: A Discourse on the Diamond Sutra has incorporated various traditional commentaries and proposed its own perspective on life and cultivation.
目次一、發心 : 慈悲與平等 122
二、無相修行 : 妄心盡處即菩提 125
三、由無相修行看《金剛經講話》的詮釋特點 129
四、結語 137
參考書目 138
ヒット数39
作成日2019.07.10
更新日期2019.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
585397

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ