サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
呂澂與二十世紀中國佛教的知性向度=Lü Cheng and the “Understanding” (verstand) of Chinese Buddhism in the 20th Century
著者 丁徐清 =Ding, Xuqing
掲載誌 2018星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2019.06.28
ページ646 - 663
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/article-info.asp?id=2377
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート1.作者為南京林業大學馬克思主義學院講師
キーワード呂澂=Lü Cheng; 佛學家=Buddhist scholar; 二十世紀中國佛教=Chinese Buddhism in twentieth century; 知性向度=understanding(verstand)
抄録呂澂是二十世紀最傑出的佛學家之一。二十世紀五○年代以後,呂澂先生在二十世紀中國佛教的知性向度上持續前行,既未走向自我否定,也未發生思想轉向,為二十一世紀中國佛教的知性實踐奠定了堅實的學術史基礎。

Lü Cheng was one of the most outstanding Buddhist scholars of the twentieth century. After 1950, Mr. Lü Cheng attained steadfast progress in his study of “understanding” (verstand) in Chinese Buddhism. He had no doubts or deviations from his original thoughts. Moreover, he established a solid foundation in the academic history of “understanding” (verstand) in Chinese Buddhism in the twenty-first century.
目次一、主觀性與客觀性的互補 648
二、思想性與學術性的互轉 653
三、普遍性與特殊性的糾纏 659
ヒット数44
作成日2019.07.12
更新日期2019.07.23



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
585508

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ