サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
早期佛教佛陀說法標準模式問題探析=An Analysis of the Buddha’s Pedagogical Model in Early Buddhism
著者 黃凱 (著)=Huang, Kai (au.)
掲載誌 2019星雲大師人間佛教理論實踐研究
出版年月日2020.05
ページ705 - 725
出版者佛光山人間佛教研究院
出版サイト http://fgsihb.org/
出版地高雄市, 臺灣 [Kaohsiung shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:上海大學文學院博士生
キーワード早期佛教=early Buddhism; 阿含經=Āgama sutras; 佛陀說法=Buddha’s teaching; 標準模式=pedagogical model
抄録早期佛教佛陀說法存在一個由「布施論、持戒論、生天論、愛欲過患論、出離愛欲利益論,以及四聖諦論」六部分內容組成的固定模式。佛陀說法標準模式的教化對象以一般社會大眾為主,其內容以人類福祉為追求,並具有次第展開、因材施教的特點。佛陀說法標準模式不僅在佛陀時代就被他的弟子們所模仿,甚至在佛滅度百年之後,也依然為佛弟子所熟悉。而且,佛陀說法的標準模式存在從釋迦佛到其他諸佛的一種延伸軌跡,這些現象都反映了佛陀說法標準模式的普及性與權威性。

In early Buddhism, there is a prescribed model of the Buddha’s pedagogy consisting of the following six themes: giving, precepts, rebirth in heaven, afflictions caused by attachment and desire, benefits of emancipation from attachment and desire, and the Four Noble Truths. The Buddha’s pedagogical model is suited mainly for the general public and the teachings for the pursuit of human well-being. Furthermore, the teachings are phased and in accordance with the learners’ aptitudes. This pedagogical model of the Buddha was not only adopted by his disciples during his life but still applicable after the Buddha’s parinirvana. Furthermore, the implementation of this pedagogical model by Sakyamuni Buddha himself and other buddhas reflects its universality and influence.
目次一、前言 706
二、早期佛教佛陀說法標準模式的對象、內容與特點 708
三、佛陀說法標準模式的流行與傳播 717
四、結論 723
ヒット数22
作成日2020.07.03
更新日期2020.07.30



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
595434

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ