サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
智儼生平及其著作考察
著者 李治華
掲載誌 2012華嚴一甲子回顧學術研討會論文集
出版年月日2012.04
ページ149 - 170
出版者華嚴專宗學院
出版サイト https://www.huayencollege.org/index.php
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:華梵大學佛教學系專任助理教授
主辦單位:華嚴專宗學院國際華嚴研究中心
キーワード智儼; 華嚴
抄録在中國華嚴宗的傳承上,一般視智儼為華嚴宗二祖,若就現存文獻考察,智儼應是華嚴宗教義的奠基者,華嚴宗教義的基本規模是由智儼所創建的。本文考察智儼的生平及其著作,期能奠定研究智儼思想的基礎背景。本文主要內容包含:一、有關智儼的現代研究成果。二、智儼生平:從隋末唐初的歷史背景與智儼傳記資料中,論列智儼的生平年表,分為九期:靈夢誕生,宿植善根;杜順攜歸,至相出家;精解《攝論》,天縱哲人;廣學經論,歸宗《華嚴》;地論派中,聽研《華嚴》;啟悟華嚴,立教開宗;中年潛沉,修學行化;晚年長安,大振宗風;往生西方,後遊華藏;若再加上智儼圓寂之後,弟子龍象,承繼發揚,則為十期。另智儼的生平也可劃分為多師廣學期、立宗潛沉期、大振宗風期,這三期也兼能襯顯出華嚴宗初期的創宗過程。三、智儼著作:主要論列智儼的真撰著作,《搜玄記》、《十玄門》、《要問答》、《孔目章》、《金剛經略疏》、《無性釋攝論疏》。四、智儼的學問性格,分為五項論述:弘解行持,歸宗《華嚴》;廣學博引,慣用判教;隨機指點,靈活不定;文簡義豐,新奇難懂;天縱哲人,藻思多能。
目次一、前言 150
1.華人研究成果 151
2.日美研究成果 152
二、智儼的生平 154
(一)隋末唐初的歷史背景 154
(二)智儼傳記資料 154
1.中國 154
2.韓國 155
3.日本 155
(三)智儼生平年表 155
三、智儼的著作 159
1.《大方廣佛華嚴經搜玄分齊通智方軌》五卷(簡稱《搜玄記》) 160
2.《華嚴一乘十玄門》一卷(簡稱《十玄門》) 161
3.《華嚴五十要問答》一卷,分卷上下(簡稱《(五十)要問答》) 162
4.《華嚴經內章門等雜孔目》四卷(簡稱《孔目章》) 163
5.《佛說金剛般若波羅蜜經略疏》二卷(或記一卷)(簡稱《金剛經略疏》) 164
6.《無性釋攝論疏》四卷 164
四、智儼的學問性格 164
1.弘解行持,歸宗《華嚴》 164
2.廣學博引,慣用判教 165
3.隨機指點,靈活不定 166
4.文簡義豐,新奇難懂 167
5.天縱哲人,藻思多能 167
五、結語 167
1.多師廣學期 167
2.立宗潛沉期 168
3.大振宗風期 168
參考文獻 168









ヒット数27
作成日2020.09.11
更新日期2020.11.04



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
597509

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ