サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
試論《華嚴經.離世間品》的「菩薩戒」觀
著者 高明道 (撰)
掲載誌 2012華嚴一甲子回顧學術研討會論文集上冊
出版年月日2014.02
ページ53 - 72
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:法光佛教文化研究所 副研究員
キーワード菩薩戒; 離世間品; 尸羅; 所學
抄録歷史上的三大佛教傳統當中,遠東華文聖典的一支和中亞藏文聖典的一支,至今仍在傳菩薩戒,而這個戒法的傳授,跟聲聞的別解脫戒與密續的三摩耶戒一樣,都固定在儀式中依照儀軌由和尚傳給弟子。漫長的歷史中,尤其在中國佛教的三壇大戒將沙彌(尼)戒、比丘(尼)戒及菩薩戒並列傳授的傳統下所形成的「菩薩戒」概念,如今已根深蒂固,教界少有人注意到傳授的菩薩戒原本是經過印度祖師的整理、安排,遵守的儀式也並非釋迦世尊制定,而皆為後期古德編撰。於是閱讀釋氏契經時,「菩薩戒」喚起的聯想難免使人困在先入為主的認知裡。本文擬以《離世間品》為範疇,透過古譯本的對照探討該品陳說的「菩薩戒」,指出研讀契經必須跳脫語言習慣的窠臼,以免產生誤解或扭曲。
目次一、前言 54
二、問題之所在 54
三、《離世間品》專門談「戒」的段落 56
四、《離世間品》零散提「戒」的文句 63
五、結論 70
ヒット数2
作成日2021.12.01
更新日期2021.12.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628748

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ