サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
錢謙益與晚明華嚴宗的一段思想因緣
著者 王紅蕾
掲載誌 2013華嚴專宗國際學術研討會論文集下冊
出版年月日2014.03
ページ389 - 406
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國國家古籍保護中心 副研究館員
キーワード錢謙益; 華嚴宗; 通經汲古; 治經正學
抄録錢謙益(1582-1664),字受之,號牧齋,江蘇常熟人。明清之際文壇領袖。針對明代學術之失,錢謙益提出「通經汲古、治經正學」,實為清代經學復興之先聲。這一理論的提出和錢謙益與雪浪洪恩、一雨通潤、汰如明河、蒼雪讀徹、石林道源、固如通明、含光炤渠等四代華嚴宗師的交遊及思想交流互動有密切關係。錢謙益提倡華嚴講教,他認為這是遏止禪宗空談流弊的最好方法。因此,錢謙益重啟漢代訓詁注疏之風,在學術實踐上,錢謙益三箋杜詩,以「史官」自命,職志在考證史跡,訂訛正謬。
錢謙益與晚明華嚴諸師的交遊是晚明僧俗溝通的重要途徑,一方面說明晚明思想、文學等領域的各種思潮與士人階層對佛教的信仰和接受有著密切關
係,另一方面也是晚明佛教積極入世傾向的重要表現。研究錢謙益與晚明叢林的交遊及其思想上的碰撞、交流,對於深入探究錢謙益思想形成的歷史原因,揭示晚明儒佛互補、僧俗互動的文化內涵、深刻理解晚明文學與晚明佛教的內在關聯、晚明士林與叢林的真實關係以及晚明佛教的時代特徵等問題,無疑具有重要意義。
ヒット数2
作成日2021.12.01
更新日期2021.12.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628792

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ