サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスンリンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
論華嚴學在中國近現代思想史上的復興
著者 丁海虎 (撰)
掲載誌 2014華嚴專宗國際學術研討會論文集下冊
出版年月日2014.10
ページ481 - 496
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:南京林業大學 講師
キーワード楊文會; 章太炎; 支那內學院; 華嚴學
抄録當代學者常把中國近現代佛教復興視為唯識學的復興或人間佛教的興起,實際情況卻遠為複雜,待發之覆所在多有。中國近現代佛教思想界的著名人物如楊文會、章太炎、釋太虛、歐陽漸以及支那內學院學人都與華嚴學有深刻關聯。晚清參與洋務事業的楊文會將其佛學宗旨概括為“教宗賢首,行在彌陀”,以法藏《大乘起信論義記》為師的楊文會最早從日本取回了奘譯相宗典籍與唐疏,並最早鼓勵門下弟子從事唯識學研究,促成了唯識學在我國近代的復興;章太炎初以“華嚴之行,法相之理”後以“與華嚴、瑜伽相會”概括其實踐哲學,作為革命派的哲學家,章太炎嘗試綜合相宗唯心義與賢首圓融論以建構革命者的哲學體系是華嚴學說在中國近現代思想史發生影響的重要表現之一。此後,太虛為代表的革新派在佛學思想上對華嚴宗有深刻的繼承關係,支那內學院是近代唯識學復興的重鎮,但也是某種新的華嚴學的發軔者。總之,華嚴學在現代中國佛教思想發展史上曾發揮過承上啟下的重要作用,是中國近現代佛教復興的重要環節。
目次一、楊文會:從“教宗賢首”到“建立馬鳴宗” 482
二、章太炎:從“法相之理、華嚴之行”到“與華嚴、瑜伽相會” 487
三、支那內學院:從“華嚴宗義”批判到《華嚴經》研究 492
ヒット数405
作成日2021.12.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
628959

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ