サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
靈辨的實像與虛像──以法藏的《靈辨傳》考察為中心=The Truth and Fiction of Lingbian Centered on Fazang’s The Biography of Lingbian
著者 張文良 =Zhang, Wen-liang
掲載誌 2015華嚴專宗國際學術研討會論文集上冊
出版年月日2018.11
ページ93 - 108
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:中國人民大學佛教與宗教學理論研究所 教授
Professor, Institute for the Study of Buddhism and Religious Theory, Renmin University of China
キーワード靈辨=Lingbian; 法藏=Fazang; 澄觀=Chengguan; 《靈辨傳》=The Biography of Lingbian
抄録關於北魏時期的華嚴家靈辨的傳記,最詳細的是唐代法藏的《靈辨傳》。但通過考察澄觀所著《華嚴經疏》和《演義鈔》對靈辨生平的相關記載,再結合對北魏時期佛教界狀況的考察可以發現,法藏《靈辨傳》的記載大部分是虛構的。法藏虛構《靈辨傳》的動機和背景,則與唐代出現的五臺山系華嚴思想與終南山系華嚴思想之間的對立分不開。

The life of Lingbian, Huayan Scholar in the Northern Wei Dynasty, is recorded in most detail in Fazang’s The Biography of Lingbian. However, having investigated the involved contents about Lingbian’s life in Hua-yan-jing-shu (The Commentary on the Mahāvaipulya Buddhāvataṃsaka Sūtra) and Yan-yi-chao written by Chengguan, as well as considered the situation of Buddhism in the Northern Wei Dynasty, it is found that most of the contents in The Biography of Lingbian are fictional. The fictional descriptions in The Biography of Lingbian by Fazang may have a lot to do with the dispute between the Huayan thought of Wutai Shan Sect and Zhongnan Shan Sect appeared in Tang Dynasty.
目次一、前言 95
二、關於靈辨在五臺山的修行 96
三、關於靈辨在洛陽的著述活動 99
四、《華嚴經論》的再發現與五臺山的「聖山化」 102
五、《靈辨傳》的「再構成」與靈辨形象的變異 105
ヒット数4
作成日2021.12.02



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
629072

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ