サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
從宗密的《原人論》看華嚴宗判教觀的發展
著者 董群
掲載誌 2015華嚴專宗國際學術研討會論文集下冊
出版年月日2018.11
ページ315 - 322
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:東南大學人文學院 教授、金陵圖書館 館長
キーワード宗密; 《原人論》; 判教; 發展
抄録華嚴宗人的判教到宗密階段,在繼承宗門傳統的基礎上,又有所發展,從判教的角度看,宗密的《原人論》也是判論之論。傳統的華嚴判教,如果不計慧苑,僅限於佛教之內,而此論的判教,則涉及三教,將儒道也攝入。同時,此論的判教體現出斥和通的展開脈絡,斥是對迷執教儒道二教,以及對偏淺之教之人天教、小乘教、大乘法相教和大乘破相教的逐層批評破斥,由此顯示一乘顯性教的殊勝,通是依一乘顯性教原理,層層會通,顯示出體現三教合一理念的判教觀。此論的判教,也是忽略頓教的判攝,基於其禪教合一的理念,對於禪的一脈,宗密另有判攝。
目次一、包含儒道教的判教 316
二、注重分析批判的判教 318
三、注重會通的判教 320
四、頓教缺失的判教 321
結論 322
ヒット数3
作成日2021.12.08



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
629792

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ