サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 
Bookmark and Share


加えサービス
書誌管理
書き出し
大足多寶塔宋代五十三參造像的考察=An Investigation on the Song Dynasty Statues of Sudhanakumara Visiting Fifty-three Kalyanamitra in Duobao Pagoda in Dazu
著者 米德昉
掲載誌 2015華嚴專宗國際學術研討會論文集下冊
出版年月日2018.11
ページ543 - 566
出版者財團法人臺北市華嚴蓮社
出版サイト https://www.huayen.org.tw/
出版地臺北市, 臺灣 [Taipei shih, Taiwan]
資料の種類會議論文=Proceeding Article
言語中文=Chinese
ノート作者單位:大足石刻研究院 副研究員
The Academy of Dazu Rock Carvings, Chongqing Dazu 402360
キーワード大足=Dazu; 多寶塔=Duobao pagoda; 五十三參造像=Statues of Sudhanakumara Visiting Fifty-three Kalyanamitras; 華嚴信仰=Huayan faith
抄録大足北山多寶塔建於南宋紹興年間,塔內現存五十三參造像 57 龕。根據內容將這些五十三參造像分為兩類:第一類僅表現了善財「初會文殊」與「末參普賢」(或「參訪彌勒」)兩個情節;第二類為邢信道施資所造五十餘龕像,內容豐富。前者通過兩鋪圖像象徵性地表達了南參之事;後者儘管有兩鋪殘缺,但仍是國內目前所僅存的比較完整的五十三參原構造像。從造像思想而言,作為華嚴圖像體系的五十三參內容,多寶塔的案例是南宋以來大足地區華嚴信仰在造像上的一個間接反映。

Duobao pagoda in Dazu was built in Nansong dynasty, and there are fifity-seven niches of statues of Sudhanakumara Visiting Fifty-three Kalyanamitras in it. According to the content of the Sudhanakumara`s pilgrimage,it can be divided into two categories : one is only two plots ,and the other is more than fifty plots. Although there are lacked two plots, it is the complete and original image of Sudhanakumara`s pilgrimage in China. As one of the image system of Avatamsaka, it is reflecting the spread of Huayan faith in Nansong dynasty in Dazu district.
目次引言 545
一、多寶塔善財「初會文殊」與「末參普賢」(或「參訪彌勒」)造像 546
(一)「初會文殊」與「末參普賢」組合 546
(二)「初會文殊」與「參訪彌勒」組合 548
二、多寶塔邢信道鐫五十三參造像 549
三、五十三參造像與宋代大足地區的華嚴信仰 556
四、結語 560
ヒット数7
作成日2021.12.08
更新日期2022.05.18



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
629805

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ