サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「触」と「受」の用法から見る縁起説:識論的解釈と輪廻的解釈をめぐって=Dependent Origination from the Perspective of the Usage of phassa and vedanā
著者 唐井隆徳 (著)=Karai, Takanori (au.)
掲載誌 佛教大学仏教学会紀要=Bulletin of the Association of Buddhist Studies Bukkyo University=ブッキョウ ダイガク ブッキョウ ガッカイ キヨウ
巻号n.26
出版年月日2021.03.25
ページ(131) - (153)
出版者佛教大学仏教学会
出版サイト https://www.bukkyo-u.ac.jp/institution/academy/buddhism/
出版地京都, 日本 [Kyoto, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
ノート森山清徹教授古稀記念号
目次1.はじめに 131
2.認識過程における触と受 132
2.1. 抑止されない触と受 133
2.2. 触と受を合わせて説く用例 134
2.3. 業報輪廻と関連する触と受 135
3.触と受を含む縁起説 139
3.1. 根・境・識の集合を起点とする縁起説 139
3.2. 八支縁起説 141
4.十支縁起説について 143
4.1. 十支縁起説に類似する用例 144
4.2. SN 12. 19に見られる名色 146
4.3. 名色と六処の関係 148
5.おわりに 149
ISSN09195718 (P)
ヒット数1
作成日2022.09.05
更新日期2022.09.05



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
648431

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ