サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
〈悲華経〉にあらわれるヴァーユヴィシュヌについて=Vāyuviṣṇu in the Karuṇāpuṇḍarīka
著者 壬生泰紀 (著)=Mibu, Yasunori (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.67 n.2 (總號=n.147)
出版年月日2019.03.20
ページ972 - 967
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワードKaruṇāpuṇḍarīka; 穢土; 五濁; カリ・ユガ; ヴィシュヌ; グプタ朝
抄録The Karuṇāpuṇḍarīka is a Mahāyāna scripture compiled around the 4th century. The leading role in this scripture is played by Samudrareṇu brāhmaṇa, who is a past life of Śākyamuni. Within the Karuṇāpuṇḍarīka the brāhmaṇa called Vāyuviṣṇu receives appraisal equal to him. In this paper, I considered the intention through which Vāyuviṣṇu appeared in the Karuṇāpuṇḍarīka. The results are as follows.

In the Karuṇāpuṇḍarīka, Vāyuviṣṇu is the bodhisattva who vows to attain enlightenment and relieve sentient beings in the defiled land; he is equal to Samudrareṇu brāhmaṇa. This scripture takes a critical stance towards Amitābha worship, Avalokiteśvara worship and Akṣobhya worship. On the other hand, it is interesting that a high evaluation is given to Vāyuviṣṇu who is respected as a teacher by brāhmaṇas. From this, it can be thought that Viṣṇu worship was prosperous during the Gupta dynasty in which Vāyuviṣṇu was presented as a superior bodhisattva.
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.67.2_972
ヒット数1
作成日2022.09.19
更新日期2022.09.19



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
649161

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ