サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
『為盛発心因縁集』における法然思想の形成と受容について=The Formation and Acceptance of Hōnen Philosophy in the Tamemori Hosshin Innen shū 為盛発心因縁集
著者 大久保慶子 (著)=Okubo, Keiko (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.68 n.1 (總號=n.149)
出版年月日2019.12.20
ページ96 - 99
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード法然; 津戸三郎為守; 『為盛発心因縁集』
抄録There is one variety of the short story collection Otogi Zōshi お伽草子 in which there is a story called Tamemori Hosshin Innen shū 為盛発心因縁集, in which the questions and answers of Tsunoto 津戸 and Hōnen 法然 are described. In this story, there are some doctrinal descriptions of Hōnen, so it has been considered a valuable document with respect to aspects of Hōnen thought that were popular in the late medieval period, but the contents of the questions and answers of Tsunoto and Hōnen have been hardly discussed by researchers.

Therefore, here by examining some of the questions and answers in the Tamemori Hosshin Innen shū, I point out the emphasis on the idea of nenbutsu metsuzai 念仏滅罪 and the gokuraku jōdo 極楽浄土, and clarify the Hōnen thought reconstructed in the form of a story, and its acceptance.
目次一 はじめに 96
二 『為盛発心因縁集』にみる念仏滅罪 96
三 『為盛発心因縁集』にみる極楽浄土 97
四 おわりに 98
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.68.1_96
ヒット数1
作成日2022.09.21
更新日期2022.09.21



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
649489

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ