サイトマップ本館について諮問委員会お問い合わせ資料提供著作権について当サイトの内容を引用するホームページへ        

書目仏学著者データベース当サイト内
検索システム全文コレクションデジタル仏経言語レッスン博物館リンク
 


加えサービス
書誌管理
書き出し
「親到宝山空手回」話の変遷:大慧『正法眼蔵』の位置づけについて=Alterations of the Dialogue “Gone to a mountain of treasures, returned with empty hands” (親到宝山空手回)
著者 角田隆真 (著)=Tsunoda, Ryushin (au.)
掲載誌 印度學佛教學研究 =Journal of Indian and Buddhist Studies=Indogaku Bukkyōgaku Kenkyū
巻号v.68 n.1 (總號=n.149)
出版年月日2019.12.20
ページ115 - 120
出版者日本印度学仏教学会
出版サイト http://www.jaibs.jp/
出版地東京, 日本 [Tokyo, Japan]
資料の種類期刊論文=Journal Article
言語日文=Japanese
キーワード大慧宗杲; 正法眼蔵; 親到宝山空手回
抄録It is known that Dahui Zonggao (大慧宗杲, 1089–1163) established Kanhua chan (看話禅), a method of attaining spiritual enlightenment (dawu [大悟]) through training using gong’an (公案), and it is also known that his work Zhengfa yanzang (正法眼蔵) proceeded from a dialogue to a gong’an. Literary sources of the work were studied by Ishii Shūdō. In his study, he investigated all dialogues in the work, counting 667. However, neither he nor follow researchers investigated alterations of these dialogues.

In this paper, I take up alterations of some dialogues in the work and consider whether Dahui retold these dialogues, and how important the role was that he played in the history of gong’an.

Examined of these dialogues, we find that the dialogue “Gone to a mountain of treasures, returned with empty hands” underwent remarkable alterations. Here, I point out the alterations of the dialogue and show influences of the work on the history of gong’an.
目次一 はじめに 115
二 大慧『正法眼蔵』における「親到宝山空手回」話 115
三 他の語録に見られる「親到宝山空手回」話 117
四 語録の変遷における大慧『正法眼蔵』の影響について 119
五 おわりに 120
ISSN00194344 (P); 18840051 (E)
DOIhttps://doi.org/10.4259/ibk.68.1_115
ヒット数1
作成日2022.09.22
更新日期2022.09.22



Chrome, Firefox, Safari(Mac)での検索をお勧めします。IEではこの検索システムを表示できません。

注意:

この先は にアクセスすることになります。このデータベースが提供する全文が有料の場合は、表示することができませんのでご了承ください。

修正のご指摘

下のフォームで修正していただきます。正しい情報を入れた後、下の送信ボタンを押してください。
(管理人がご意見にすぐ対応させていただきます。)

シリアル番号
649569

検索履歴
フィールドコードに関するご説明
検索条件ブラウズ